就業促進手当てはハローワークで申請する

雇用保険の失業給付の中に就業促進手当があります。
「再就職手当」「就業手当」「常用就職支度手当」の3つがあります。
これらは基本手当の受給者に早期の再就職を支援するものです。

就業促進手当は、再就職先が「安定した職業」か
「そのほかの職業」かで変わります。

安定した職業に就いて、給付の支給残日数がある一定期間以上ある場合は、
「再就職手当」か「常用就職支度手当」がもらえます。

そのほかの職業に就いて、給付の支給残日数がある一定期間以上ある場合は、
「就業手当」がもらえます。

「安定した職業」とは1年以上の雇用契約が約束されているもの。
「そのほかの職業」とは1年未満のものになります。

さらにそれぞれに受給条件があります。
「再就職手当」は、待機期間(7日間)終了後であること。
再就職先が前職(離職票を受け取った)ではないこと。
自己都合での退職で3ヶ月の待機終了後、 1ヶ月は職安の紹介による再就職であること。
職安に求職する前に内定した企業でないこと。
支給額は、基本手当の支給残日数×30%です。

「就業手当」は、受給条件は「再就職手当」と同様条件です。
支給額は、基本手当日額×30%です。

「常用就職支度手当」の受給条件は、
45歳以上あるいは障害者であること。
職安の紹介による再就職であること。
再就職先が前職(離職票を受け取った)ではないこと。
待機期間や給付制限期間が終了していること。
支給額は、基本手当の支給残日数×基本手当日額×30%です。

再就職が決まったら、企業より「採用証明書」をもらいハローワークに提出します。
そしてハローワークより「支給申請書」を受け取り、会社の証明をもらいます。
この申請書を「受給資格者証」と一緒に1ヶ月以内にハローワークに提出しましょう。

きちんと手続きして、もらえるものはきちんともらいましょう。

このページの先頭へ