面接の際は積極的に自己アピール

面接を受ける際のポイントを説明します。

落ち着いた態度で自信をもって話すことが大切です。
質問に答える際は、積極的に意欲を見せてアピールしていきましょう。
そして常に前向きな意見や考えを述べるようにしましょう。

面接を受けている間は、椅子には浅めに腰掛けて背筋を伸ばします。
手は膝の上に置き、足を組んだり、ゆらしたりしてはいけません。

面接官の口元あたりをみて、視線をまっすぐに定めましょう。
答える際は笑顔を意識して、ゆっくりと話してください。
自分が思うよりも声は届きませんから、普段よりも大きな声を心掛けましょう。

面接で質問される項目でまず最初に多いのは、
「なぜ転職をしようと思ったのですか。」という質問です。
前職の愚痴になるような、不平不満は絶対に話してはいけません。
自分が何をしたいからとスキルアップを理由に答えましょう。

「どのような仕事をしたのですか。」と聞かれたら。
具体的に答えましょう。長すぎても簡潔すぎてもいけません。

やり遂げた仕事、リーダー経験などはアピールポイントです。
内容が理解されるようにきちんと説明しましょう。

「今まで仕事であげた大きな実績をあげてください」と聞かれたら。
具体的な成果よりも、その工夫やプロセスを重点的に説明しましょう。

「当社を選んだ理由はなんですか。」と聞かれたら。
企業の事業内容を事前に調べておいて、自分のやっていきたいことと
合っている部分をうまく説明出来るようにしておきましょう。

「将来どのような仕事をしたいですか。」と聞かれたら。
具体的にどのような仕事がしたいのか、どのような夢を持っているのか、
将来のビジョンを明確に答えましょう。

「最後に何か質問はありますか。」と担当官に聞かれたら、
面接を受けた者として、何か質問することが当然のことです。

募集要項に説明されていることや、会社概要そのものについて、
それらの質問はダメです。自分が今後働いていくことを前提として、
仕事のやり方や会社の方向性などについて質問しましょう。

このページの先頭へ