面接当日の時間は余裕を持って行動する

面接当日は、時間の余裕を持って準備を整えていきます。
身だしなみは清潔感ある服装を選びましょう。

男性の場合はさっぱりと短めのほうが印象がようです。
前日までにヘアサロンへ行き整髪を済ませておきましょう。
当日は出かける前にヘアスタイルを整えて、髭は綺麗に剃り、
鼻毛は伸びているとダラシの無い印象を与えるのでカットしましょう。

女性なら髪型は清潔感のある感じでまとめましょう。
化粧は全体的に薄めにして、マニキュアの色は控えめにし、
ネイルはしないほうが無難です。
アクセサリーはシンプルなものだけを付けるようにします。
ピアスやイヤリングは揺れないタイプを選びましょう。
香水など香りの強いものは付けないことをお勧めします。

時間に余裕をもって会場に到着するようにします。
時間ギリギリに慌てて訪問することは悪い印象を与えます。
ましてや遅刻することは大きなマイナスポイントになります。
時間の余裕を持って出かけても何が起きるかわかりません。
交通機関のアクシデント等が発生して遅れる場合は、
早めに採用担当者へ連絡を入れて指示を仰ぎましょう。

本来は会場周辺には早めに到着するように出かけます。
訪問先を確認出来れば、心を落ち着かせるために時間調整します。
もう一度企業の事業内容を見直したり、自己アピールを復唱したり、
ミスを起こさないようにチェックします。
そして面接指定時間の5分前に訪問するようにします。

会社の建物に入ったら緊張感を持続させましょう。
誰に見られているかわかりませんので、担当者以外の人でも
社内で出会った人にはすべて挨拶をしましょう。

控え室で灰皿が用意されていてもタバコを吸ってはいけません。
面接中は携帯電話の電源はオフにすることがマナーです。
待っている時間だからといってメールをチェックすることは厳禁です。
バイブレーションにしていても悪い印象しかありません。

当たり前のことですが、部屋に入る前にはノックをして、
入室の許可をもらってから「失礼します」と声を掛けてドアを開けます。
部屋に入ったら、まずはドアを丁寧に閉めてください。

面接官に一礼し、「よろしくお願いします」と元気よく挨拶します。
その後に椅子の横まで進み、着席を勧められてから座りましょう。

先に部屋に案内された場合は座って待ってもよいでしょう。
その際に案内人にどちらに座るのか聞いておきましょう。
そして、面接官が来たら、入室する前に立って待ちます。
挨拶を済ませてから再び着席をします。

話すときは面接官の目をみて、笑顔で答えるようにしましょう。
敬語などの日本語の使い方を間違えないように注意しましょう。

落ち着いてゆっくり話せば失敗することもありません。
間違った言葉遣いは悪い印象を与えてしまいます。

部屋をでるときは、入り口で一礼をしてから出ていきましょう。
その会社の玄関を出るまでは面接が終わっていません。
緊張を解いてよいのは、暫く歩いて離れてからにしましょう。

このページの先頭へ