仕事のキャリアと社会人のマナーを身につけた20代が転職最適期

転職にもっとも適したタイミングは20代後半といわれています。
それは、新卒で就職してから5年~8年ほど働いたわけですね。
それだけの期間をひとつの仕事に従事してキャリアを積んでいますし、
社会人としての基本も身についている頃なのです。

仕事のキャリアがあり、社会人としてのマナーも持っているので
新入社員研修をしなくても即戦力として雇用することが出来ます。
そして年齢が若いということは将来性も期待出来るのです。
こういった理由で中途採用は20代後半の人材を求めているのです。

20代後半が転職に有利なことがわかっても、
経験不足と考えて転職を躊躇する人もいるかもしれません。
しかし、時の経つのは早いものです。最適な時期はあっという間に終わります。
今の会社に将来性を感じていないなら決断すべきです。

繰り返しますが、20代の人が企業から求められる人物像は、
社会性があり、人間性が良くてマナーを身につけている。
そしてビジネスマンとしての基本的な業務遂行能力がある。

30代になると企業から望まれることがかなり変わってきます。
先ほどの20代に対する要望は基本的なことですが、
30代はさらに高い専門性と十分な仕事経験はもちろんのことで
仕事の実績や成果といったものまで必要とされるのです。
つまり30代の転職はかなりハードルが高くなるということです。

転職すると決めたら、直ぐにでも行動を開始したほうがよいです。
退職してからの目安は3ヶ月以内に再就職です。
もちろん早いに越したことはありません。
新しい職場が決まらずに半年以上経過してしまうと
採用担当者から大変悪い印象を持たれるからです。

長期間の失業にはなにか問題を抱えていると判断するからです。
そうなると応募しても、その点だけで受付してもらえなくなります。
書類審査ではねられると面接が受けられませんので採用の可能性が無しです。
優良企業ほどそのような事に厳しいと思ってください。

勤務を続けながら、退職予定者として、転職サイトに登録することも出来ます。
その場合は志望企業に応募する場合は、退職時期を明確にして伝えます。
収入が無くなるというリスクは回避できますが、次のようなデメリットがあります。
勤務を続けながらの転職活動を快く思わない採用担当者がいます。
その企業へは応募しても受付てもらえないということになります。

採用する側としては決定直ぐに勤務開始ということが前提です。
この点も在職者の採用に消極的になるという要因となります。

しかし、勤務しながら転職先を探すということは、期間を限定せずに
じっくりと新しい職場探しが出来るという最大のメリットがあります。
自分の将来のビジョンをはっきり持てない人は退職を避けたほうが無難です。

企業の求人情報は1年間同じ状態ということはありません。
現在募集している企業でも採用が決まると募集が終わります。
いま募集していない企業でも来月は募集が始まることがあります。
企業は常に新規採用している訳ではありません。
欠員が出ると募集が始まりますし、採用出来れば募集を中止するのです。

職種や業種を絞っている人は、頻繁に募集の情報をチェックすることです。
平均的にボーナスの7月、12月の後は退職者が多くなり募集も増えます。
また年度末にも退職者が多くなる傾向が高いです。
そのような時期が企業をチェックするポイントになるでしょう。

転職は自分の将来の目的や仕事のキャリアを熟慮して決めてください。
軽はずみな気持ちで転職した人は、新しい職場でも長続きしないで、
2度3度と短期転職を繰り返す傾向が強いようです。
1年未満という短期に転職が続いた人は余程の正当な理由が無ければ、
どのような企業でも書類選考で落とされると思って間違いありません。

転職というのは、自分の夢に経歴のステップアップという理由で繰り返すのは、
正当な理由と言えるかもしれません。

しかし、自分に合わないとか、会社に将来性を見いだせないという
自己都合が理由の転職は出来る限り避けたほうが賢明です。
それでも転職という選択を取った場合は、新しい職場では
何があっても必死で頑張るという覚悟をすることです。
安易に転職を繰り返すと人生は悪く転がっていくことになるのです。

このページの先頭へ