健康保険の継続など各種手続きについて

退職の際は保険、年金、税金面になど手続きが必要なものがあります。 勤務していた会社が手続きするものもあれば、 自分で手続きしないといけないものがあります。 たとえば手続きを怠ると病院で健康保険が使えなくなります。 年金の場合は加入期間の空白ができたりしますので、 このような事柄は早急に手続きをしましょう。

退職する際は、その会社で加盟している健康保険を脱退することになります。 健康保険証を会社へ返納すれば脱退手続きは会社のほうでしてもらえます。 ただし国民健康保険には退職後に自分で加入手続きしなければなりません。

特別に手続きをすれば退職後も、勤務先の健康保険資格を継続することができます。 次のような条件があります。資格喪失日の前日までに継続して2ヶ月以上の被保険者期間がある場合。 (つまり退職日から逆算して2ヶ月以上社員であった場合です。)

国民健康保険と社会保険の保険料を比較すると、任意継続の方が安い場合があります。 良く考えてどちらか安い方にすればいいと思います。 資格喪失した日から20日以内に申告が必要なので退職前に決めておいたほうがいいでしょう。

社会保険の場合の保険料は会社が半額負担している場合があります。 それを任意継続にすると全額自己負担になりますので社員で払っていたときの2倍になるのです。

継続期間は最大で2年間です。継続申請したあとは任意で辞めることができません。 月払にした場合は毎月の支払い日に払込が遅れた時点で資格喪失するので注意が必要になります。

保険料は一括前納もできます。前納すると割引があります。 申請に必要な書類は「健康保険任意継続被保険者資格取得申請書 」 被扶養者がいるときは、「健康保険被扶養者(異動)届 」も必要です。 次に別の企業に就職した場合も資格喪失します。

次の転職先がまだ決まっておらずしばらくの間、前職を退職後、失業保険を受給する場合。 失業保険受給中でも同居している配偶者の健康保険の被保険者になることができます。 その場合の条件としては、年収が130万円未満でかつ配偶者の年収の2分の1未満であることです。 健康保険組合によっては、失業保険受給中は被保険者になれないところもありますので確認が必要です。

このページの先頭へ