転職フェアで多くの企業担当者から直接話しを聞く

転職先探しのツールとして企業が集まる転職フェアがお薦めです。
転職フェアの会場に行けと、多くの企業ブースが業種別に設置されています。

その情報取得数は自分で企業訪問するのとは全く比較になりません。
僅か1日で相当多くの企業と接触することができるのです。

実際に開催される転職フェアイベントの規模にもよりますが、
ブースを出している企業の数は数十社から数百社にもなります。

たった一日でこれほど多くの企業担当者から直接話が聞けるのです。
こんなチャンスは他にありませんので、多いに利用するべきです。

転職フェアを自己アピールのチャンスの場所でもあります。
それが志望する企業であれば、強く印象が残るように積極的にアピールします。
人間性など良いイメージを売ることに成功すれば
実際の書類選考のときに有利に評価されるかもしれません。

経験、資格などを優先的に評価する企業もありますが、
それとは別に人間性を重視する企業もあります。
書類選考では人間性をアピールすることが出来ません。
フェアは企業の担当者に直接アピールするチャンスです。

本来自分が考えていなかった企業の魅力を知って、
仕事に対して自分の将来の方向性が変わることもあります。
また企業の担当者といろいろなことを面談しているうちに、
客観的に自己分析することも可能なことです。
転職フェアには多くのメリットがありますので行動を起こしましょう。

大きなフェアになるとキャリアコンサルタントのコーナーがあり、
そこでは転職の様々な課題を相談することが出来ます。
「職務履歴書の書き方」「面接時の注意点」など転職のポイントを
教えてもらうこともできるのです。

転職フェアは、入場料は無料です。
面接や選考で企業から評価されることもありません。
希望する企業に対して質問することができますので、
職場や職種について知りたいことは積極的に情報を収集しましょう。

転職フェアの会場には「エントリーシート」が用意されています。
それには自分のプロフィールや経歴などを記入するのです。
会場へ行ってからすぐに書けるものではありませんので、
事前に経験やスキル、プロフィール等の経歴はまとめておきましょう。

会場が広すぎて、どの企業ブースに行けばわからないときは
「マッチングガイドコーナー」を利用すると良いでしょう。
専門のガイドが常駐しているので、経歴や希望職種などの条件から
自分の希望にマッチするような企業を案内してくれます。

このページの先頭へ