志望動機の伝え方

志望動機とは、就職希望企業に対してなぜ転職したいのか、その理由のことです。

志望動機は就職活動において、もっとも重要な要素といえます。

志望動機を聞かれることがない面接はありません。
そして、履歴書とは別の用紙に志望動機の文章を添付して提出するのは当然です。

面接の際には、自分の情熱をアピールするポイントは志望動機になるのです。
それだけに自信に満ち溢れた表情や態度が出来るように練習して面接に臨みましょう。

面接担当者に熱意を伝えることが一番大事です。
流行語や相手に受けの良い言葉は必要ありませんので真摯な態度を心掛けましょう。

志望動機は、自分の経験とキャリアがその企業とどのようにマッチするのか
論理的に通じるようにエピソードをまとめましょう。

自分が志望企業でやりたいことなども積極的にアピールするこtも大切です。
前職での経験やスキルをどのように生かしたいかを全面に出しましょう。

志望動機の参考文章が容易に入手出来るようになっています。
いくつかの部分を自分用に修正すれば、あっという間に完成です。
しかし、企業の採用担当者は志望動機に例文を使うとたちまち見破ります。
形式張った例文を参考にするのではなくて、自分らしい言葉と文章を作成しましょう。
個性あふれる文章は担当者の心に残ることになるのです。

文章作成は起承転結という構成が大事です。
短文で相手に伝えるには、内容に応じた文章作成法があるのです。
1.企業のどのような点に対して就職希望したのか。
  または何に魅力を感じて就職希望したのか。
2.それは自分の経験やスキルの何が合っているのか。
3.入社後には、どのような仕事を希望しているのか。
4.自分の経験とスキルを使ってどのように進めていくのか。

就職希望の理由を明確にして、説得力のある文章にすることが重要です。
理路整然とした理由を、熱意をもって伝えることです。

そのためには、事前情報のリサーチが必要です。
企業のホームページ、求人要綱などで志望する企業の特徴をチェックします。
社長のブログなどからも企業風土、社内の様子などがわかります。
企業が求めている人物像やスキルを考えてみましょう。
志望動機はこのようなことも踏まえて考えなければなりません。

このページの先頭へ