40代の転職は非常に条件が厳しくなる

30代後半から40代になると求人の数が本当に少なくなります。
そして募集している職種が限られており給与等の条件も悪くなります。
一般的には、「転職は遅くとも35歳まで」と言われます。

しかし、40代でも豊かなキャリアやスキルを持っており、
募集要項に書かれている条件が合っていれば大丈夫です。

豊富な経験を積んだ40代は魅力的な人材として求められています。
多くの企業は年齢制限を目安として設定しているだけなのです。

ただし数少ない転職先の中で採用を決めなければならないのです。
求職企業が少ないのと逆に就職希望者は多い狭き門です。
ライバルに勝つための、しっかりとした準備と心構えが必要です。

40代の転職は当然のことながら「即戦力」を求められます。
しかし30代に求められる「即戦力」とは違います。

30代の場合は、知識やスキルをどれだけ持っているかでした。
40代になると、プラス「統率力」「交渉力」「信頼性」が求められます。

知識やスキルだけでは、部下の統率やリーダーシップは発揮できません。
40代には人間としても魅力、社会人としての豊か経験があります。

それを活かし、マネージメント力も発揮しなければなりません。
30代よりも転職は厳しくなりますが、可能性がないわけではありません。

今までの仕事の成果や実績があればあるほど
周囲からの「信頼性」も生まれるのです。
そして周囲の人間とうまく協調していく人間性も必要です。
40代の中間層にはこのようなことが求められているのです。

さらに人脈や営業力などもビジネスマンとしての財産です。
だからといって経験したものが新しい職場で全てプラスになると言えません。

いつまでも昔のやり方が通用するとは限らないからです。
経験を活かしながらも、常に新しい手法、ツールを使いこなしていく
そのように柔軟性を持って順応することも大切なことです。

このページの先頭へ