30代は即戦力、キャリア、スキルを求められる

30代の転職理由として多いのは次の3つです。
「今までのキャリアを活かしてさらなる上の仕事をしたい」
「自分のスキルアップをはかりたい」
「希望勤務地で働きたい」
その他にも転職の理由は多様なものがあります。
転職先を考える大きなポイントは、
自分の転職理由に合う企業を探すということになります。

30代の人材というは、人材を募集している企業からは次のように見られています。
今までに働いていた企業で社会人としての教育を受けて育てられており、
そして仕事のスキルを身につけている魅力的な人材です。

当然のことですがこのような人は求人も多いのです。
企業は「即戦力」を期待しているのです。
20代よりキャリアもスキルもあり、40代よりも若くて将来性がある。
そのような30代を企業は待ち望んでいるのです。

不況により各企業が新規採用を控えたため、
現在の企業には中間層が少ないのです。

この先数年は団塊世代が次々に定年退職することにより、
中間管理職が不足していきます。
企業はキャリアを積んだ30代に中間層として、後輩の指導、
職場のリーダーシップをとってもらいたいと思っています。
そんな時代背景からもスキルを持つ30代を求めているのです。

しかしある程度経験を積んでいる年代だからこそ、
仕事のプロとしての専門性を求められます。
面接の前に自分が今までの仕事で積んだキャリア、スキル、
知識を全てアピールできるようにまとめておきましょう。

そして入社後には具体的に今までの経験を活かして、
新しい職場でどのようなことが出来るのか、
どのようになりたいかを明確に伝えられるようにしましょう。

また志望企業が求めているものは何かを考えて、
それに合ったように自分のアピールをしなければなりません。

「自分の考え」や「問題意識」を常にもって行動しているのか
どうかも重要なポイントとしてみられます。

きちんとした考えや提案ができるようにあらかじめ考えて、
相手が理解しやすいような話し方を練習しておきましょう。

このページの先頭へ