企業側は20代の可能性と将来性に期待している

20代の転職の特徴は、なんといっても初めての転職になる人が圧倒的に多いです。
就職して3~4年経つと仕事にも会社にも慣れてきます。周囲を見る余裕も出てくる頃です。

この時期に「もっといろんな仕事をしてみたい」というような
職へのこだわりやキャリアアップの具体的な目標を持つ人も出てきます。
いわゆる向上心から他の職場や環境に魅力を感じての転職希望です。

反対に「入社してみたら、想像していた仕事と違った」
「こんなはずじゃなかったのに」など現在の仕事や待遇に対する不満や
将来への不安というようなマイナスな考えによる転職希望もあります。

20代では仕事の経験が浅いためにキャリアもスキルも全然少ないです。
しかしその分「未来への可能性」も持っているのです。
つまり20代の人への期待は過去ではなく未来にあるのです。

20代の転職ニーズはこの近年とても高まっています。
あらゆる業種で20代の人材が求められています。
企業側は若い20代の可能性や将来性に大いに期待しているのです。

面接では「チャレンジ精神」や「やる気」を第一に出すのがいいですね。
将来自分がどんなことをして、どんな仕事をしていきたいか
積極的にアピールしてください。
やる気だけでもいけません。どうしてその企業を選んだのか、
志望理由もきちんと説明できるようにし準備しておきましょう。

20代の転職のポイントは、過去、将来における自己分析をきちんとすることです。
そして将来の展望を描くことが大切です。
自分のキャリアや経験、能力は何か詳しく分析する。
そして将来どのようになっていきたいのか、
どのような仕事をしていきたいのか、
具体的なイメージが出来るまで熟考することです。

条件ばかりで転職先を決めてもいけません。
企業風土や職場の雰囲気や慣習など仕事の環境は重要なことです。
仕事の内容だけで選んで転職したけれど職場が自分に合わなかった。
そんな理由で直ぐに退職することになるとすれば、
いつまでも良い転職先は見つかりません。
企業のホームページなど少ない情報だけでなく、
様々なところから多様な情報を入手して後悔のない転職活動をしましょう。

このページの先頭へ